Blog

レーザーによるほくろ除去をする流れについて解説

まずは美容クリニックに行きカウンセリングを受ける

これからほくろ除去を美容整形という方法で行いたいという方は最初に美容クリニックなどに足を運び、そこで医師と相談やカウンセリングをする必要があります。そのカウンセリングでは、ほくろを医師の方が念入りに見てくれて、実際にレーザー治療しても大丈夫なのかという事や施術の内容について教えてくれます。まずはカウンセリングが最初にありますので、ほくろを除去したい方はそこで、心配事や気になることを伝えておくと良いでしょう。

治療をする日の予約を入れる

次にすることは治療をする日の予約を入れるということで、自分の予定が埋まっていない人、美容クリニックの予約が入っていない日をすりあわせます。大抵は最初のカウンセリングの時にその予約を入れることが出来ますので、すぐにほくろをレーザーで除去したい方は、予め予定が空いている日にちを把握して置くと良いです。予約を入れたら、後は当日に美容クリニックに行けば治療が受けられ、気になるほくろを取ってもらうことが出来ます。

治療が完了したらそのケアを行う

治療が完了したら、今度は医師の支持の元にレーザーで除去した部分のケアを半年程度行います。特にほくろの治療の場合は、除去した部分が紫外線や太陽の光に当たると、その場所が黒ずんだりして見えるようになることもありますので、綺麗に除去したいならケアをすることは大切です。そしてケアをしつつ除去した部分が回復すれば、ほくろを完璧に除去できて綺麗なお肌へと生まれ変わります。ほくろが気になる方は、このような流れで治療を行いますので、覚えておくと損はないでしょう。

クリトリス包茎を改善することで、包皮内に垢が溜まるのを防げるため、ニオイの発生防止や炎症の予防など、様々なメリットにつながります。