Blog

うつ病の治療法はさまざまな方法があります

うつ病の病を患っている方の治療方法とは

精神療法とは、うつ病の病を患っている方のメンタルに接近する治療方法です。うつ病は、抗うつ薬による薬物療法のみでも、精神療法のみでも完治させることは不可能です。薬物療法と精神療法は、言ってみれば車の両輪と同じようなものです。 第一に薬物療法がベースになってうつ病の疾患を解きほぐし、客観的な目線で見受けられるようになってから精神療法をスタートするのが通例です。うつ病のケアで、精神療法がメインになるのは、うつ病の具合が相対的に軽症で、その上、ストレスがもたらされる原因が明確になっているケースです。

うつ病に効果的なものとして特殊精神療法とは

うつ病に効果的なものとして特殊精神療法があげられます。特定のテクニックを利用して患者さんの内面を探ったり、持ち合わせている悩みや障害を究明するものです。認知療法、行動療法、など広範囲に亘る技法があります。 代表的なものとして認知療法があり、これはうつ病のことを考えて作り出された精神療法で、うつ病のバックグラウンドとしてある「おおきく偏っている思考パターン」を当事者が分かってもらい、改善することで抑うつ気分や心配を解きほぐします。 受け止め方にひずみがあり、そのひずみを掘り起こして軌道修整すればうつ病は好回転する、というのが認知療法の元々持っている哲学です。 分かりやすく言うと、失敗を必要以上に捉えてしまう、出来事を悪いほうにばかり思案するなどといった似通った考え方のパターンがみられます。認知療法はそういうようなひずみを治療者と病を患っている方が手を組んで良いものにしていきます。

行動そのものズバリに注目し、実践的に治療する方法

さらに行動療法というものがあります。行動そのものに焦点をあて、実践的に治療を行っていく方法です。 各人の行動自体を対象と考える訓練療法に含まれるものです。これまでのライフステージの中で身についた行動方向性を意識して、最適な行動を新たな形でマスターしていくものです。行動のパターンをステップバイステップで変更して、自分を奪い返し、目標の充足感による満ち足りた思いを肌で知ることで、うつ病からの復調をはかります。

うつ病の治療にはカウンセリングと薬の処方がおこなわれることが多いです。薬は、精神安定剤や睡眠薬が処方されます。